セルフホワイトニングと質の高い入れ歯で欠点のない口元にしよう

女性歯科医

外科で口内の悩み解消

歯ブラシと医療器具

歯科クリニックでは様々な分野があり、口内全体の疾患を治療する歯科治療の分野が歯科口腔外科です。一般的な歯科クリニックで治療される歯茎や歯といった部分だけでなく、顎関節や頬、舌の粘膜などありとあらゆる部分の疾患を診療しています。口腔外科では、口内で発生した様々な疾患に対して、外科手法で症状の緩和や機能の回復を図ります。顎関節に痛みがあったり、舌に違和感があったりといった場合や、口内炎といった症状も治療することが出来ますので、口内に気になる症状が発生したら口腔外科で治療を行なうようにしましょう。
大阪などには数多くの口腔外科があり、大阪の口腔外科でよく行なわれている治療として挙げられるのが、顎関節症の治療です。顎を開けた際に音が鳴ったり、咀嚼をしていると徐々に顎がだるくなってしまったり、口を開けづらかったりした場合は、顎関節症の疑いがあります。放置していると、頭痛や肩こりといった全身症状が現れてしまいますので、大阪の口腔外科で治療を行なうようにしましょう。
歯並びの一番奥に生えてくる親知らずを抜歯するのも、口腔外科で行われている治療の1つです。親知らずがまっすぐ生えて上下がしっかり噛み合っているのであれば抜歯の必要はありませんが、横に向かって生えている場合は抜歯の必要があります。ブラッシングだけでは歯垢を取り除くのが難しく、歯周病や虫歯になりやすくなってしまうためです。大阪の口腔外科クリニックではこの様な親知らずの抜歯も行なっていますので、奥歯に痛みを感じたり口臭で悩んでいたりする方は、大阪の口腔外科で治療を受けましょう。